二酸化炭素特化型観葉植物選び

室内の 二酸化炭素(co2高濃度)観葉植物の適切な選び方


ニ酸化炭素( co2)は無色無臭の気体である。ニ酸化炭素は自然界においても人為的にも排出量が非常に高い物質である。微生物の分解作用や人間の物質代謝過程、室内で使う器具、例えば石油やガスストーブなど開放型燃焼器具など)の作動時にも発生する。二酸化炭素は人体に無害であるが※5000 ppm 以上の高濃度では呼吸障害や中毒を起こすと言われている。
現在一般的に販売されている空気清浄機は臭い、埃、揮発性有機化合物を除去するようには作られているが高濃度の二酸化炭素を除去、減少させる効果は全くない。室内の二酸化炭素の量が多くなると呼吸が苦しくなり深いと感じ、息苦しく感じます。
植物を室内に置くとニオイ、埃、揮発性有機化合物だけではなく二酸化炭素の濃度も下げられるは最上のバイオフィルターである。これは一般的にも皆知ってると思うが植物は二酸化炭素を吸って綺麗な酸素出してくれるという認識であると思いますが空気清浄機はきれいな空気に一部は変えてはくれてはいるが二酸化炭素を吸っているわけではない!植物は大気中の二酸化炭素や根から吸い上げた水を利用して光合成をするその過程で大気にある多くの二酸化炭素が植物体内に吸収され同時に同じ量の酸素が体外に排出される。室内空気をこの過程で浄化されるのである様々な研究結果がすでに検証している。これはNASAだけではなく室内で実際に様々な実験が行われていてその実験の検証がされている簡単な一覧表を載せておきます。参考にしてください。
ただ一個一個を細かく見ていくのは大変だと思いますのでどんな植物を室内に置けば良いのだろうかという点でお答えいたします。
それにはいくつかの角度から考えてみる必要があります。まず第一に葉っぱが多い植物選ぶのが良い。できれば大きな植物を選ぶ。そして室内は光が弱いので弱光でも光合成をたくさんする植物を見つけなければならない。それと同時に室内二酸化炭素濃度が高いところで光合成をたくさんしなければならない。そして蒸散作用が上手くなければならない。このような基準をおいた場合に最適な植物として


パキラ、インドゴムノキそしてホンコンカポック(シェフレラ)

などが挙げられる。但しそれぞれ特性もあるので他の植物も含め必要ないな機能をもつ植物を選ぶことが最重要とされます