インドアプランツ機能性重視型種類一覧

コロナウィルス予防対策で室内にいることが多くなりました。ウィルスだけでなく室内は屋外の約30倍ほど空気が汚れてしまいます。こもる時間が長くなればなるほど健康面での心配がありますが、NASAが研究実証している観葉植物や「エコプラント」として認定している植物はそれら空気の汚染物質除去が科学的に検証されています。今後も室内での活動が多くなる中、まとめたものをご紹介。

インドアプランツの中でも「花」がつくものやインドアプランツでも除去する機能性がはっきり汚染物質名など出ているも含めた特性を重視をしたプランツのまとめたものの紹介をします。随時更新中)評価は除去効率の機能部分についてのみです。

これもインドアプラント!?などの「花」もあります。「エコプラントとしてNASAなど研究機関が実証済のものを掲載しています。

(花)ベゴニア(センペルフローレンス)17世紀のフランス系カナダ人マイケルべゴンさんの名前から由来。評価6.3

(花)ガーベラ(ケルベラシ デイジー) AG 18世紀ドイツのファゴットゲルバー氏の名前からNASAの研究初期品種から優れたエコプラントで(評価7.3)

(花)ポットマム(フローリスト マム)菊科 中国、日本原産   空気中のホルムアルデヒド、ベンゼン、アンモニアなどの除去能力に優れている。

サンセベリアトリファスキアータ(スネークプランツ)夜の酸素を作って放出し二酸化炭素を吸収するタイプ

ドワーフバナナ:通常より大きい幅の葉で標準をはるかに超えた葉による蒸散効果抜群。乾燥しやすい部屋にはうってつけである。

コヤブラン 日本原産 ユリ科 (リリーターフ)  アンモニア除去能力に優れている なので(トイレなど最適)トイレの消臭としても売られている。

(花)デンドロビウム(木の生命)中国、インド、日本、韓国、ニュージーランド、インドネシア原産 ランの仲間でこれは「アルコール、アセトン、ホルムアルデヒド、クロロホルムなどまんべんなく除去する 評価は5.5

(花)アンスリウム 葉っぱが赤くなる花のような(苞)ができる花粉が生じる花は切り取った方が良い!(数週間はもちますが)これはスパティフィラムも同様である。

(花)アザレア (ドワーフアザレア)つつじ科 中国日本原産 インドアプラントとして地位があるが外においてもOK

アロエベラ ユリ科  南アフリカ 夜呼吸をする。サンセベリア、トリファスキアタ、ラン、プルメリアと同じ夜型である。寝室などにおくことが適している。

(花)シクラメン サクラソウ科 地中海東部原産 除去能力の全体の指数は低いが見た目の美しさとともに部屋に置くものとしては人気もある

エクメアファスキアタ(アナナス)URN PLANT パイナップル科 ブラジル原産 赤い花のような(苞:ほう)が魅力的である。

(花)チューリップ ユリ科 ヨーロッパ南東、中央アジアが原産ですがオランダが世界一。花の時期だけインドアブランツとして「ホルムアルデヒド、キシレン、アンモニア」を除去する

ファレノプシス(胡蝶蘭)MOTH orchid ラン科 MOTH=(形が蛾を)連想させることから由来 評価4.5

(花)カランコエ ベンケイソウ 特に空気清浄機能が抜群優れてはいないが見た目もよくインドアプラントの種類にはいり花が美しく人気が高い(評価4.5)