ビルゲイツcovid-19ワクチン18か月

中国はすでにマスクも義務付けから危険レベルが下がり徐々に全体が回復してきているようですが日本では1か月の緊急事態宣言の延期になりました。ビルゲイツのコロナウィルス(ワクチンの 開発記事)取り組みをシェアしておきます。世界的にも必要なで正確な情報だからです。

COVID-19ワクチンについて知っておくべきこと人類は、コロナウイルスに対する広範な免疫を作り出すことほど緊急の仕事をしたことがありません。ビル・ゲイツ| 2020年4月30日  

  

最近よく聞かれる質問の1つは、コロナウイルスがパンデミックを起こす前の12月の状態に、世界が戻ることができる時期です。私の答えは常に同じです。COVID-19を治療するためのほぼ完璧な薬物があるとき、または地球上のほとんどすべての人がコロナウイルスに対してワクチン接種を受けているときです。

前者はすぐに発生する可能性は低いです。私たちは、発生を止めるのに少なくとも95%効果的な奇跡の治療が必要でした。現在のほとんどの薬物候補は、その強力なものにほど遠い。彼らは多くの命を救うことができましたが、私たちを通常の状態に戻すには十分ではありません。

それは私たちにワクチンを残します。

人類は、コロナウイルスに対する広範な免疫を作り出すことほど緊急の仕事をしたことがありません。現実的には、正常に戻るには、安全で効果的なワクチンを開発する必要があります。私たちは何十億回もの服用を行う必要があり、それらを世界のあらゆる場所に届ける必要があり、そしてこれらすべてを可能な限り迅速に行う必要があります。

それはそうであるので、それは気が遠くなるように思えます。私たちの財団は、世界最大のワクチン資金提供者であり、この取り組みにより、これまで取り組んできたことは何もありません。世界がこれまで見たことのないようなグローバルな協力が必要になるでしょう。しかし、私はそれが完了することを知っています。単に代替手段はありません。

ここでは、COVID-19ワクチンを作成するためのレースについて知っておくべきことを示します。

世界は歴史的に速いタイムラインでこのワクチンを作成しています。

Anthony Fauci博士は、コロナウイルスワクチンの開発には約18か月かかると考えています。私は彼に同意しますが、それは9ヶ月から2年間にもなることがあります。

字幕切り替えてご覧ください

18か月は長いように聞こえるかもしれませんが、これは科学者が新しいワクチンを作成した最速のものでしょう。開発には通常5年ほどかかります。対象とする病気を選んだら、ワクチンを作成して動物でテストする必要があります。次に、人間の安全性と有効性のテストを開始します。

安全性と有効性は、すべてのワクチンの2つの最も重要な目標です。安全性はまさにそのように聞こえます。ワクチンは人々に安全に接種できますか?軽度の発熱や注射部位の痛みなど、いくつかの軽微な副作用は許容できますが、病気になるものを人々に接種したくない場合があります。

有効性は、ワクチンがどのようにあなたを病気から守るかを測定します。ワクチンの効果は100%にするのが理想的ですが、多くはそうではありません。たとえば、今年のインフルエンザワクチンの効果は約45%です。

安全性と有効性をテストするために、すべてのワクチンは3段階の試験を通過します:

  • フェーズ1は安全性試験です。健康なボランティアの小さなグループがワクチン候補を取得します。さまざまな投与量を試して、深刻な副作用なしに最低有効用量で最も強い免疫応答を作成します。
  • 数式を決定したら、フェーズ2に進みます。フェーズ2では、ワクチンを手に入れるつもりの人にワクチンがどれだけうまく機能するかがわかります。今回は、何百人もの人々がワクチンを接種しています。このコホートには、さまざまな年齢や健康状態の人々を含める必要があります。
  • 次に、フェーズ3では、何千人もの人にそれを渡します。これは通常「最も長いフェーズ」です。これは、「自然の病気の状態」と呼ばれる状態で発生するためです。対象の病原菌による感染のリスクにさらされている可能性が高い大勢の人々にそれを紹介し、その後、ワクチンが病気になる人数を減らすかどうかを確認します。

ワクチンが3つの試用段階すべてを通過した後、あなたはそれを製造するための工場の建設を開始し、承認のためにWHOとさまざまな政府機関に提出されます。

このプロセスはほとんどのワクチンでうまく機能しますが、現在の通常の開発タイムラインでは十分ではありません。私たちがこのプロセスから切り離すことができる毎日は、命を救うことと経済的損害の数兆ドルを削減することの点で世界に大きな違いをもたらします。

そのため、プロセスをスピードアップするために、ワクチン開発者はタイムラインを圧縮しています。この図は、次の方法を示しています。

従来のプロセスでは、主要な質問や不明な点に対処するために、手順が順番に行われます。新しいワクチンの作成には費用がかかるため、これは財務リスクの軽減に役立ちます。多くの候補者が失敗するため、企業は前のステップが成功したことがわかるまで、次のステップへの投資を待ちます。

COVID-19の場合、開発の資金調達は問題ではありません。政府や他の組織(私たちの財団とCoedition for Epidemic Preparedness Innovationsと呼ばれる素晴らしいアライアンスを含む)は、ワクチンを見つけるために必要なものは何でもサポートすることを明らかにしました。したがって、科学者は一度にいくつかの開発ステップを実行することで時間を節約できます。たとえば、民間部門、政府、および私たちの財団は、さまざまな潜在的なワクチンを製造するための施設の特定を開始します。これらの施設の一部が未使用になる場合は、それで問題ありません。生産を進めるために支払うのは少額です。

幸いなことに、通常5年かかるプロセスを18か月で完了する唯一の方法は、トライアルのタイムラインを圧縮することではありません。これを行うもう1つの方法は、多数の異なるアプローチを同時にテストすることです。

パイプラインには数十人の候補者がいます。

4月9日の時点で、開発パイプラインには115の異なるCOVID-19ワクチン候補があります。そのうちの8〜10人は特に有望だと思います。(しかし、私たちの財団は、他のすべての人に注目して、いくつかの肯定的な特徴があるものを見逃していないかどうかを確認します。)

最も有望な候補者は、COVID-19から身体を保護するためにさまざまなアプローチをとります。それが正確に何を意味するかを理解するには、人間の免疫システムがどのように機能するかを覚えておくと役に立ちます。

病気の病原体があなたのシステムに入るとき、あなたの免疫システムは抗体を生産することによって反応します。これらの抗体は、微生物の表面にある抗原と呼ばれる物質に付着し、攻撃する信号を体に送ります。あなたの免疫システムは、これまでに倒したすべての微生物の記録を保持しているため、侵入者が病気になる前に侵入者をすばやく認識して破壊することができます。

ワクチンは、病気になることなく病原体を倒す方法を体に教えることで、このプロセス全体を回避します。最も一般的な2つのタイプ、およびおそらく最もよく知っているタイプは、不活化ワクチンと生ワクチンです。不活化ワクチンには、殺された病原体が含まれています。一方、生ワクチンは、弱体化(または「弱毒化」)された生きている病原体でできています。それらは非常に効果的ですが、不活性化されたものよりも副作用が発生しやすくなります。

不活化ワクチンと生ワクチンは、「従来の」アプローチと私たちが考えるものです。両方のタイプの多数のCOVID-19ワクチン候補がありますが、それには十分な理由があります。それらは十分に確立されているからです。私たちはそれらをテストして製造する方法を知っています。

欠点は、作成に時間がかかることです。ワクチンの各用量には大量の物質が含まれています。その材料のほとんどは生物学的であり、それはあなたがそれを成長させなければならないことを意味します。残念ながらそれには時間がかかります。

そのため、候補者の一部が取っている2つの新しいアプローチ、特にRNAワクチンとDNAワクチンに興奮しています。これらの新しいアプローチのいずれかがうまくいくと、ワクチンを全世界にはるかに早く届けることができるでしょう。(簡単にするために、ここではRNAワクチンについてのみ説明します。DNAワクチンも似ていますが、遺伝物質の種類と投与方法が異なります。)

私たちの財団は、私たち自身の資金とCEPIの両方を通じて、ほぼ10年間、RNAワクチンプラットフォームの開発をサポートしてきました。マラリアのような貧しい人々に影響を与える病気のためのワクチンを作るためにそれを使うことを計画していましたが、今それはCOVIDのための最も有望な選択肢の一つのように見えます。ヒト試験を開始する最初の候補者は、Modernaという会社が作成したRNAワクチンでした。

RNAワクチンの仕組みは次のとおりです。病原体の抗原を体内に注入するのではなく、その抗原自体を生成するために必要な遺伝コードを体に与えます。抗原が細胞の外側に出現すると、免疫システムがそれらを攻撃し、その過程で将来の侵入者を倒す方法を学びます。あなたは本質的に自分の体を独自のワクチン製造ユニットに変えます。

RNAワクチンはあなたの体にほとんどの仕事をさせてくれるので、多くの材料を必要としません。これにより、製造がはるかに速くなります。ただし、落とし穴があります。RNAがワクチンの実行可能なプラットフォームであるかどうかはまだわかりません。COVIDは最初のRNAワクチンになるので、プラットフォーム自体が機能することと、免疫を生み出すことの両方を証明する必要があります。これは、コンピューターシステムと最初のソフトウェアを同時に構築するようなものです。

RNAワクチンが引き続き有望であっても、他の選択肢を追求し続ける必要があります。COVID-19ワクチンがどのようになるかはまだわかりません。我々がそうするまで、我々は可能な限り多くのアプローチで全力で前進しなければなりません。

それはまだ完全なワクチンではないかもしれません—そしてそれは大丈夫です。

天然痘ワクチンは、地球の表面から病気全体を一掃する唯一のワクチンですが、受け取るのもかなり残忍です。それはそれを手に入れた人の腕に傷跡を残しました。3人に1人は学校や職場から家に帰るのに十分な副作用がありました。数は少ないが重要ではないが、より深刻な反応が見られた。

天然痘ワクチンは完璧には程遠いものでしたが、仕事は成功しました。COVID-19ワクチンも同様です。

完璧なワクチンを設計しているのであれば、完全に安全で100%効果的であることが望まれます。それはあなたに生涯の保護を与える1回の服用量であるべきであり、それは保管と輸送が容易でなければなりません。COVID-19ワクチンがこれらの特性をすべて備えていることを願っていますが、現在のスケジュールを考えると、そうではない可能性があります。

先に述べたように、2つの優先事項は安全性有効性です。複数年にわたる研究を行う時間がない可能性があるため、堅牢な第1相安全性試験を実施し、ワクチンが完全に安全に使用できることを示す実世界の証拠を確認する必要があります。

効能のあるもう少し余裕があります。少なくとも70%の効果があるワクチンで集団発生を止めるのに十分だと私は思う。60%の有効なワクチンが使用可能ですが、局所的な発生が見られる可能性があります。60%未満の場合は、ウイルスを阻止するのに十分な群れの免疫を作り出すことはできません。

大きな課題は、ワクチンが高齢者でうまく機能することを確認することです。年齢が高いほど、ワクチンの効果は低くなります。体の他の部分と同様に、免疫系は老化し、侵入者を認識して攻撃するのが遅くなります。高齢者が最も脆弱であるため、これはCOVID-19ワクチンにとって大きな問題です。それらが保護されていることを確認する必要があります。

帯状疱疹ワクチンは、これも高齢者を対象としていますが、ワクチンの強度を高めることでこれに対抗しています。COVIDについても同様のことが可能ですが、副作用が増える可能性があります。保健当局はまた、特定の年齢以上の人々に追加の線量を取得するよう依頼することもできます。

安全性と有効性の他に、考慮すべき他のいくつかの要因があります。

  • それは何回ですか?一度しか受けられないワクチンは、より簡単かつ迅速に届けられます。しかし、十分な効果を得るためには、複数回投与のワクチンが必要になる場合があります。
  • どのくらい続きますか?理想的には、ワクチンは長期にわたる保護を提供します。しかし、2か月間あなたが病気になるのを止めるだけのものになるかもしれません(約6か月間あなたを守る季節性インフルエンザワクチンのように)。それが起こった場合、より耐久性のあるワクチンに取り組んでいる間、短期ワクチンが使用される可能性があります。
  • どうやって保管しますか?一般的なワクチンの多くは4℃に保たれています。これは平均的な冷蔵庫の温度と同じくらいなので、保管と輸送は簡単です。しかし、RNAワクチンは、-80度という非常に低い温度で保存する必要があります。これにより、世界の特定の場所への到達が困難になります。

私が18か月後のワクチンができる限り「完全」に近いものになることを願っています。そうでない場合でも、引き続き改善に努めます。その後、COVID-19ワクチンは新生児の定期予防接種スケジュールの一部になると思います。

しかし、ワクチンを手に入れても、解決すべき大きな問題がまだあります。それは…

私たちは少なくとも70億回分のワクチンを製造し、配布する必要があります。

パンデミックを止めるためには、地球上のほとんどすべての人がワクチンを利用できるようにする必要があります。これまでに世界の隅々に何かを届けたことはありません。また、先に述べたように、ワクチンの製造と保存は特に困難です。

正確に何を扱っているのかを理解するまで、ワクチンの製造と配布について理解できないことがたくさんあります。たとえば、既存のワクチン工場を使用してCOVID-19ワクチンを製造できるでしょうか?

私たちが今できることは、さまざまな種類のワクチン工場を建設して準備することです。ワクチンの種類ごとに異なる種類の工場が必要です。できる限り早く最終的なワクチン(またはワクチン)の製造を開始できるように、各タイプを製造できる設備を用意する必要があります。これには数十億ドルの費用がかかります。政府は、このための資金を利用できるようにするためのメカニズムをすばやく見つける必要があります。私たちの財団は現在、CEPI、WHO、および政府と協力して、資金調達を理解しています。

それらの議論の一部は、いつ誰がワクチンを受けるのかを中心にしています。現実には、誰もが同時にワクチンを接種できるわけではありません。70億回分(または、多回投与ワクチンの場合はおそらく140億回分)を作成するには数か月(場合によっては数年)かかります。最初のバッチの準備ができたらすぐに配布を開始する必要があります。

ほとんどの人は、医療従事者が最初にワクチンを手に入れるべきだと同意しています。しかし、誰が次にそれを手に入れますか?高齢者?先生?重要な仕事の労働者ですか?

低所得国は最初にそれを受け取るべきだと思います、なぜなら人々はそれらの場所で死ぬよりはるかに高いリスクがあるからです。COVID-19は、物理的な距離などの措置を講じることが難しいため、貧しい国々でははるかに早く拡散します。より多くの人々が基礎疾患を抱えているため、合併症に対して脆弱であり、弱い医療システムは、彼らが必要とするケアを受けることを困難にします。低所得国でワクチンを接種することで、何百万人もの命を救うことができます。良いニュースは、Gaviでこれを行う方法についての専門知識を持つ組織、Vaccine Allianceがすでにあることです。

ほとんどのワクチンで、製造業者は彼らの工場が置かれている国と契約を結ぶので、その国はワクチンに最初に取り掛かります。ここでそれが起こるかどうかは不明です。全世界に公平にそれを提供する方法を見つけたいと思います。WHOと国の保健当局は、私たちが何に取り組んでいるかをよりよく理解したら、流通計画を策定する必要があります。

しかし、最終的には、このワクチンをすべての人が利用できるように拡大する予定です。そして、私たちは通常に戻ることができ、うまくいけば、私たちが再びこのような状況になるのを防ぐ決定を下すことができます。

ちょっと見づらいかもしれませんが、トンネルの先にライトがあります。私たちはワクチンをできるだけ早く入手するために正しいことをしています。それまでの間、地方自治体が設定したガイドラインを引き続き遵守することをお勧めします。この大流行を乗り越える私たちの能力は、お互いを安全に保つために自分の役割を果たしているすべての人に依存します。

スターフラワーではコロナウィルス感染予防対策にて室内で過ごすことが世界中で増えております。また今後もこのコロナの問題が一旦回復しても今後オンラインで室内からの作業や生活は長期間のことになると考えています。コロナウィルス以外の病気や精神的なストレス、健康面を回復させるサポートとしてNASAで認定されている「インドアプラント(観葉植物)」による効果実証済の適切な情報発信やそこに特化している植物や花などを提供しています。コロナウィルスそのものの対策も大事ですがそれ以外の病気やその予防対策としての室内空間での対策として「インドアプラント」を提供しています。詳しくはトップページ