男と女でアロマは脳波など効果違うの知ってる?コロナ疲れには特に!!

アロマ(精油)には植物からの癒しやリラックス効果があると皆さんよく耳にはしますし、香りをかいでそうなったと感じることができますが、それを実際に吸う数値的に検証している実験数値なども参考してください。

エコプランツによるアロマについての情報をシェアさせていただきます。

植物の精油などもアロマなどでよく知られているがハーブと呼ばれる芳香性植物には多様な木本植物、草本植物が含まれ、その茎、花、根、などからは純粋な自然成分であるエッセンシャルオイルが抽出される。昔から精神的な不安や緊張の心を緩め感情を調節するため植物の香気を利用する療法をアロマテラピーと言う。エッセンシャルオイルは抗炎性(anti-inflammation)及び防腐目的以外にも医学的には神経精神科の疾患である不安、憂鬱、不眠から皮膚科のニキビ、湿疹、老化性肌、女性特有の疾患、循環器障害など多様な分野の疾患に使われてきた。香りによって精神機能を鎮静させるか反対に刺激し活性化させることもある。そのため症状によって効果的なオイルを選択し適切な用量および方法で適用することが重要である。実際の適用には一種類のオイルよりは2、3種類を混合して使えば相乗効果が得られる。しかしオイルは高濃縮であるため調合時の濃度がとても重要で適正な配合や、希釈の必要がある。
 ストレスや不安を減少させる方法はないのか実際に配合されたエッセンシャルオイルの吸入による覚醒効果およびストレス減少に及ぼす影響を調査した
次の表のとおりです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aromapho.jpg です

刺激オイル(レモン、バジル、ローズマリーを混ぜて調合)ストレスが有意に減少すると同時に覚醒効果が見られた。このように独特な現象でストレスが減少すれば精神が安定するのが一般的な傾向だが覚醒されるという矛盾した現象が同時に起きた。

一方鎮静オイル(ラベンダー、マジョラム、クラリセージを混ぜて調合)はストレスを明白に減少させると同時に収縮期(最高)血圧を下げた。この実験はストレス状態ではない人に行ったことを考慮すれば鎮静オイルは明白にストレスを減少させる効果がある。不安評価については刺激オイルは若干の増加を鎮静オイルは若干の減少しましたが統計的には有意な差はない。また脈拍もオイルの種類やオイル吸入前後による統計的有意性はない。

結論オイルをきちんと正しく使えば素晴らしい効果が得られる覚醒させつつ同時にストレスの減少させるからだ!

鎮静オイルは抗ストレスオイルとして適当で特に収縮期血圧を下げるため高血圧患者に良い!
また驚きの事実は脳波測定でも見られた。鎮静オイル吸入後、刺激オイルは男性の左半球にある頭頂部だけで有意にアルファーファを増加させるという事実が出た。同一のオイルでは女性には効果がない。男性にだけ影響を及ぼすということからオイルが全体的ににどのように体に影響を与えるのかを私たちに知らせている。アロマオイルはよく使えば名薬に、下手に使えば致命的な毒になる。

オイル使用は可能な限り希釈したものを使用し治療剤として使用することは必ず専門家に相談するのが良い。

また記憶力や集中力を高める時にの香りは良いとされる生活に活力を与える森林浴が都市の住民には脚光を浴びている。森林浴の主成分であるフィトンチッドは快適感を感じて自律神経系の安定や安眠に効果的である集中力や記憶力に効果的な影響を与える。アルファーファを増加させることが知られている。またひのきから抽出された精油はストレス緩和を抗菌及び抗微生物効果、鎮静効果、食品の鮮度維持、植物の発芽抑制など様々な効能を持っている。


またヒノキの効果は男性と女性によっても研究機関での結果が違うという証明が現れた。男性の場合はベータ版減少及び香りの高まりに関係するアルファー波が頭頂葉や前頭葉部位で優位増加し精神生理の安定が見られた。交感神経が安定してストレスや収縮期血圧の低下、短期記憶力の増加、ヒノキの香りの吸入で記憶力および集中力の向上することが分かった。

女子学生の実験では男性に比べ減少した部位はなかった。結果的にヒノキの香り吸入は安定状態だけでなく作業中も減少させ集中力および記憶力を向上させ女子より男性においてストレス減少効果がより大きいことがわかった。現代人のように常に何かネットやテクノロジーに囲まれ」様々なことにおいて時間があるようでないような現代においては森、森林浴に行けないような都会での暮らしの方は特に室内でヒノキの香りを吸入することで十分に気分転換、記憶力や集中力の向上、また様々な病気の未然防止、そしてコロナ問題で不安や心身のボロボロになった精神的な安定などにおいて役に立ち、科学的な証明された必要なものであると私たちは認識しております。マスクそのものにつけておくことで抗菌以外にストレス解消及び、脳の集中力アップ及び病気予防がNASAの研究はじめおおくの研究資料から科学的に証明されています。