(コロナ対策)室内で料理器具、お風呂でガス使用してる人の危険を解消

新型コロナウィルス感染予防対策により室内で待機、また活動が多くなりました。お風呂や料理器具などガスを使用したりする頻度も高くなりますよね?その危険汚染物質を除去する優れた観葉植物品種をピックアップしその理由や数値の詳細です。

揮発性有機化合物例えば(トルエン、ベンゼン、フロン塁など)のように深刻な影響を及ぼすのではないが燃焼機器などから発生するその他ガス状の空気汚染物質も室内植物で除去できる。

一酸化炭素、ニ酸化硫黄、二酸化窒素などはほ   とんど室内の各種開放型燃焼器具(ガス暖房並びに調理器具など)のような使用またはタバコなどから放出されている。
この中で一酸化炭素は窒息性ガスで赤血球に対するヘモグロビンの親和力は酸素の200から250倍になり血液の酸素運搬能力を深刻に低下させる。
酸化硫黄は水溶性がとても強く硫酸になるが粘膜を刺激し咳、くしゃみ、目が痛むほどの症状を起こす。一方燃焼作用で一酸化窒素が発生するとこの物質はすぐ酸化されて NO2になり呼吸器系疾患を起こす,植物は多様なメカニズムを通じてこのような汚染物質を吸収、分解する。また汚染物質によって除去に優れる植物の種類が明らかになっている。

例えば一酸化炭素は(ポトス)が植物のみまたは鉢土と一緒にある時に最も除去効果が高い。

二酸化窒素除去にはスパティフィラムやフィカス·ベンジャミナが、アンモニア除去にはスパティフィラムやパキラがとても効果的である。

ニ酸化窒素に関しては植物と鉢土を一緒に調査した時にはスパティフィラムやパキラよりカンノンチクがアンモニア除去に圧倒的に優れる数値があることが分かった。

カンノンチク


二酸化硫黄除去にはスパティフィラムが最も効果的な植物であることが明らかになっている。

ちなみに汚染物質が人体に及ぼす影響として、
二酸化硫黄というのは低濃度でも毒性が強く呼吸器を刺激し気管支炎、気管支喘息、肺気腫、急、慢性呼吸器疾患を起こす。特に肺に疾患がある時には症状がより深刻になる。
つまりコロナウィルスなどの洋に呼吸器系や咳喘、息気管支に関連するので引き金を引きやすく、関連しやすくなる。

一酸化炭素は中毒は濃度や吸入時間によって異なり呼吸器官に入ると赤血球の酸素運搬能力を低下させる。頭痛、嘔吐、呼吸困難を起こし、場合によっては死亡してしまう。

二酸化窒素は悪臭を出す刺激性ガスで目や鼻を強く刺激し肺うっ血、肺水腫、閉塞性気管支炎肺炎などを起こし死亡の原因にもなってしまう。